【バイク】ハーレー・ストリート750(XG750)を私なりに紹介!

【バイク】ハーレー・ストリート750(XG750)を私なりに紹介!

『ハーレー歴1年の初心者ライダーです!』

ども、ゆ~やんです!

この記事は『【バイク】ハーレー・ストリート750を私なりに紹介!』について、一年間乗った感想と一緒にご紹介します。

気になる人やハーレーに乗ってみたい方に少しでもお役に立てると嬉しいです。

※ ハーレー歴1年の個人的な見解ですのでご了承ください。

スポンサーリンク

ストリート750(XG750)とは?

ストリート750・通称XG750は、2013年に開催されたEICMA(ミラノ国際モーターショー)ではじめてお披露目された次世代水冷ハーレーダビッドソンのインド製バイク。

「アーバン・モビリティ」「オーセンティック・ハーレーダビッドソン」「ダークカスタム・ソウル」の3つのコンセプトで開発。

『都市、都会的な機能性(アーバン・モビリティ)』タウンユースにマッチしたヨーロッパで発表され、広大な大地を走るバイクではなく、ヨーロッパやアジアなどの都市をターゲットにしたモデルです。

また、35才以下という若いライダーを取り込もうと、日本を含む世界各国3500人の声を集めた上で開発されたストリート。

ハーレー唯一のカフェレーサーXLCRをイメージしたモデルでもあります。

XLCR

エンジンもストリート用に開発された水冷エンジン『レボリューションX』

2002年にV-RODに搭載された水冷「レボリューション」に次ぐ、完全新設計の水冷エンジン。

低回転型のトルク特性を持ち、スタートダッシュは力強く、ストップ&ゴーが多い、タウンユースに適したエンジンと言われています。

日本では2014年のブルースカイヘブンで初披露、2015年2月27日に発売されました。

自動車学校では、大型二輪をストリートにしているところもあります。

ハーレーと言えばドコ、ドコ、ドコドコドコのエンジン音が特徴の空冷エンジンですよね。

ストリートは、水冷エンジンなのでドコドコ音はありません。

どちらかというと、国産ネイキッドみたいな「ヒュインヒュイン」音がします。

また、空冷エンジンとは違い、水でエンジンを冷やすため熱くなりにくいです。

熱くなると冷却フィンが回り、熱風が襲い掛かってきますが…。

次に『コンパクト』

名前にもなっているように街中を軽快に走れるアーバンモデル。

車両重量が230キロと軽く、水冷エボリューションXエンジンのおかげで、発信から加速性能はハーレーの中でも一番です。

まさしく日本の道路事情にあったバイクと言えるでしょう。

2019年ストリート750・XG750スペックと価格

【価格】ビビッドブラック ¥864,000から モノトーン ¥892,000から

【エンジン】水冷式REVOLUTION X™ V-TWIN

全長 2,215 mm シート高720 mm

最低地上高 145 mm ホイールベース 1,520 mm

フロントタイヤ 100/80-17 リアタイヤ 140/75 R15

燃料容量 13.1 l オイルタンク容量 3.1 l

車両重量 233 kg

ABS標準装備

ストリート750との出会い!購入する気は全くなかった⁈

ここで少しだけ『ストリート750』との出会いについて語らして下さい。

全く興味がない方は、飛ばしてください。

ストリート750のことは知っていて、883より小さく、価格も100万円下回る価格の新しいバイク。

欲しいな~とは思っていましたが、今はいらないなと思っていました。

しかし…

『カッコイイバイクが中古であるよ!』

ハーレーを乗っている友人の一言からすべてが始まり翌週には、ディーラーへ。

そのまま契約してしまったんです。

新古車で走行距離や状態、価格、そして一番の決め手がカスタムしてあったんです。

ハンドル、ウインカーステップ、リアフェンダー、サイドナンバーなど総額20万円ぐらい。

カスタムパーツがたくさんあるハーレーは、『ハーレー=カスタム』のイメージがありました。

すでにカスタムしてあったのでとてもかっこよく、きれいにカスタムしてあったのがとても気に入りました。

ETCとサイドバックサポートを、サイドバッグとキャリアは後から持ち込みで付けてもらい総額なんと70万円。

新車で買うとだいたい100万円以上かかるハーレーが、ほぼ新車のカスタム車が70万円で買えるんですよ!

お買い得ですよね!買っちゃいますよね!買っちゃいました!(笑)

スポンサーリンク

ストリート750を1年間乗った感想

今年の7月で1年を迎えた私のストリート。

一年乗って感じたことを紹介していきます。

通勤・ツーリングまでこなす万能バイク

私は毎日通勤でストリートを使っています。

車重も230キロなんでそんなに気になりませんし、インジェクションなのでエンジンも一発でかかります。

毎日乗っているので汚れやすく、傷もつきますがそんなの気にしてたらなんも乗れないですよね(笑)。

洗車もしやすいです。

ツーリングも全然余裕です。燃費も20~25キロなんで、250キロ以上は走れますし、高速走行でもカウルが走行風を軽減してくれます。

また、大きいバイクだとツーリング場所や駐車場のことも考えないといけないですが、そんな心配はいりません。

駐車場が少ないお店や場所、街の中でも大丈夫です!

その他のハーレーも通勤やツーリングをこなしてくれますが、その中でも一番なのがストリート。

通勤やツーリングをこなす万能ハーレーで、初心者にもおすすめ!

【バイク】通勤・通学に250ccバイクをおすすめする理由!

2018.09.09

【バイク】ハーレーの人気車種は?初心者におすすめ車種紹介 

2018.08.12

維持費・故障など

次に維持費。

維持費は、保険代とガソリン代、整備・点検です。

保険代は、保険にもよりますが250ccでも400ccでもあまり変わらないと思います。

自賠責も同じです。ただ、車検があるバイクだと車検の時に2年分を一緒に支払うので、車検代+自賠責保険代となります。

私は5年前から乗っていて割引されているので、一年で30000円くらいです。

ガソリンは、ハイオクなんでレギュラーよりは掛かりますが、燃費も20キロ~なんでそんなに気にすることでもないのかなと思います。

ツーリングなどの走行距離にもよりますが、月々3000~5000円くらい。

次はオイル交換などの整備点検代。

オイル交換は、7000円でした。(私が頼んでいるディーラー)

自分でやれば安くすることができますが、色々大変そうなんで…。

あ、初めに言っておきますが、私はバイクには触りません。

触らないというのは、いじらないことです。

自分でできることだったら、友達とかに教えてもらいながらやろうと思いますが、電装系とか難しいところはすべてディーラーに任せています。

自分でいじったところが原因でバイクが壊れてしまったり、事故になったら大変だからです。

点検や車検は、まだわからないので言えないですが、スポーツスターとあまり変わらないのかなと思います。

今度点検なので、その時にまたお知らせしたいと思います。

最後は故障。

クラッチワイヤーが切れたことですかね…、正直ビビりました。

朝、出勤しようとクラッチを握ったら、「プツン」と切れてしまったんです。

「あれれ~」と思いながら、すぐ保険屋さんに電話。

レッカーでディーラーに輸送してもらい修理してもらいました。保証対応でお金は払っていません。

部品がなかったので一ケ月ぐらいかかると言われたときはショックでしたが、何とかして部品を取り寄せてくれて一週間ぐらいで撮りに行くことが出来ました。ディーラーさんに感謝、感謝。

ヘルメットをもって電車に乗るという初めての経験をしました(笑)。

前にクラッチカバーを付けてもらった時からクラッチに違和感があり、一回ツーリング中に外れてしまったこともありました。その時は自走出来たんでよかったんですが…。

故障に関してはどのバイクでもあることだと思うので、ハーレーだから壊れやすいということはないと思います。

しいていえば、通勤で使っているためオイルがちょっと乳白色になるくらいかな(笑)。

部品や点検などは、国産バイクより高い印象ですが、それ以外はあまり変わらないと思います。

不満など、細かいところは値段相応か…

値段が100万円以下で買えるんで、色々なところが他のモデルと比べると気になるところがあります。

まずはウインカー。ストリートは他のモデルと違い自動でウインカーが切れず、自分で切らないといけません。

その他、色々なところの配線がそのまま飛び出ているところもあります。

最近のモデルだと配線関係は改善されていると思いますが、値段相応というところもあります。

あと、カスタムパーツが少ない!

カスタムパーツが豊富なハーレーですが、ストリートは全然少ないです。

ヤフオクにもあまり出品されないので、探すのも大変です。

最近は少しずつですが増えてきているので、いいですが…。

まとめ

  • 新型水冷エンジン『レボリューションX』を搭載した750ccバイク
  • 若い世代や初心者をターゲットにした『アーバン・モデル』
  • XLCRをインスパイア
  • ハーレーっぽくない
  • 値段相応

ハーレーは、いつか乗ってみたいと思っていましたがこんなに早く乗ることになるとは思ってもいませんでした。

しかし、今でも買った後悔は全然ないですし、友人にはとても感謝しています。

また、排気量とETCが付いていることにより、移動距離が伸びたこともありますが、5年間で走行距離5000キロだったのが、今や1年で5000キロ突破しています。

色々なところに行くことができたのもストリートだからだと思います。

乗りやすく、キビキビ走り、通勤からツーリングまでこなす万能ハーレー。

ネットで検索しても情報が少なく、乗っている人も少ないバイクです。

ハーレー好きの人たちからすると賛否両論ありますが、乗るのは自分なんでそんなの気にしなくていいと思います。

 

これからもストリート750の情報を紹介できたらと思いますので、よろしくお願いします。

いつかは、ローライダーS!IRON1200も気になってます!

その前にガレージが欲しいな…。そんなことも思ったり、思わなかったり…。

2 件のコメント

  • はじめまして。写真がとてもきれいですね。
    xg750私も買いました。何度ものぞかせていただいています。
    いいバイクですよね。
    ひとつお伺いしたいことがあります。
    サイドバックステーですが、貴バイクと同じように、リアキャリアとサイドバックステー(キジマ)を
    両方つける予定でおりますが、そうした場合、サイドバックステーについてくるねじでは長さが届かない心配があるのですが、いかがでしたか。もしわかったら教えていただけると嬉しいです。
    ありがとうございます。

    • xg750オーナーさん はじめまして!

      ブログを拝見、写真を褒めていただき、ありがとうございます!

      ストリート購入したんですね!仲間が増えました笑。

      問い合わせの件ですが、私は納車時にリアキャリアとバックステー、ドッキングハードウェアをオプションでつけてもらったので、正直なところ分からないんです…。たぶん大丈夫だと思いますが…。

      ちなみ【52300285】 ドッキングハードウェア ハーレー純正パーツ” rel=”noopener” target=”_blank”>ドッキングハードウェアは、キャリアの着脱が簡単にできる物で、私は普段は外して、ツーリング時に装着して使っています。

      もしよかったら参考にしてみてください!

      xg750オーナーさんバイクライフが、素晴らしいものになるように願っています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です