【クラブワールドカップ】歴代優勝チームは?日本チームの順位も!

【クラブW杯】歴代優勝チームは?日本チームの順位も!
ゆ~やん
どこのチームが優勝してる?

この記事【『クラブW杯』歴代優勝チームは?日本チームの順位も!】は、クラブワールドカップの歴代優勝チーム順位出場した日本チームの情報をまとめてご紹介したいと思います。

  • クラブワールドカップの歴代優勝チームは?
  • 各国、どこのチームが1番優勝してるの?
  • 日本のチームは出場している?結果は? 

と疑問を抱えている人たちの悩みを解決できる記事になっており、読み終えた人たちのお役に立てれば、嬉しいです。

なお、公式サイト等から情報が公開され次第、随時追記、修正していきます!

スポンサーリンク

FIFAクラブワールドカップ歴代優勝チーム一覧

FIFAクラブワールドカップは、国際サッカー連盟(FIFA)が主催するクラブチーム世界一を決める大会。

2000年の第1回から開催されている大会は、2005年からインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)を吸収し、今の6大陸選手権王者がトーナメント形式で頂点を決める形になりました。

最多優勝国は、スペインの7回。ブラジルが4回、イタリアが2回

クラブチーム別だとレアル・マドリード(スペイン)が最多の4回バルセロナが3回、コリンチャンスが2回です。

では、各大会の優勝したチームと順位を紹介していきます。

※ 出場資格は、各年のUEFAチャンピオンズリーグ(ヨーロッパ)、コパ・リベルタドーレス(南米)、CONCACAFチャンピオンズカップ(北中米カリブ)、CAFチャンピオンズリーグ(アフリカ)、AFCチャンピオンズリーグ(アジア)、OFCチャンピオンズリーグ(オセアニア)などのカップ戦で優勝したチーム+開催国枠が出場資格を得ることができます。

 

第1回 FIFAクラブ世界選手権2000 コリンチャンス

2000年にブラジル(サンパウロ・リオデジャネイロ)で開催された第1回大会。全8チームが4チームずつ2組に分けてグループリーグを行ない、各組の1位同士が決勝戦を、2位同士が3位決定戦を行いました。

結果は、開催国枠で出場していたコリンチャンス(ブラジル)がヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)をPK戦で破り初代優勝チームになりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 コリンチャンス ブラジル CONMEBOL(南米)開催国 初出場
2位 ヴァスコ・ダ・ガマ ブラジル CONMEBOL(南米)開催国 初出場
3位 クルブ・ネカクサ メキシコ  CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
4位 レアル・マドリード スペイン UEFA(ヨーロッパ) 初出場
5位 マンチェスター・ユナイテッド イングランド UEFA(ヨーロッパ) 初出場
6位 アル・ナスル サウジアラビア AFC(アジア) 初出場
7位 ラジャ・カサブランカ モロッコ CAF(アフリカ) 初出場
8位  サウス・メルボルン オーストラリア UOFC(オセアニア) 初出場

 

日本からは、ジュビロ磐田・清水エスパルス・鹿島アントラーズの3チームがアジアクラブ選手権(AFCチャンピオンズリーグ)に出場し、ジュビロ磐田が決勝でアル・ナスルに敗れ準優勝となりました。

 

第2回 FIFAクラブ世界選手権2005 サンパウロ

2001年にスペインで開催予定だったクラブ選手権大会は、スイスの広告代理店ISLの倒産で中止に。

2004年までトヨタカップのスポンサーだったトヨタ自動車がスポンサーとなり開催されたFIFAクラブ世界選手権2005(トヨタカップ)。

日本の横浜国際総合競技場(神奈川・横浜)、豊田スタジアム(愛知・豊田)、国立霞ヶ丘競技場(東京)で開催された第2回大会。

開催国枠はなく、トーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位決定戦や5位決定戦も行われました。

結果は、サンパウロ(ブラジル)がリヴァプール(イングランド)を1-0で破り優勝しました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 サンパウロ ブラジル CONMEBOL(南米) 初出場
2位 リヴァプール イングランド UEFA(ヨーロッパ) 初出場
3位 デポルティーボ・サプリサ コスタリカ CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
4位 エ アル・イテハド サウジアラビア AFC(アジア) 初出場
5位 シドニーFC オーストラリア UOFC(オセアニア) 初出場
6位 アル・アハリ エジプト CAF(アフリカ) 初出場

 

日本からは、ジュビロ磐田・横浜Fマリノスの2チームがAFCチャンピオンズリーグ2005に出場しましたが、グループリーグ敗退となっています。

ゆ~やん
『キングカズ』こと三浦知良選手(現・横浜FC)が、当時所属していたシドニーFCで出場。日本人選手として初出場を飾った大会になりました!

 

第3回 FIFAクラブワールドカップ2006 インテルナシオナル

2006年に昨年同様、日本の横浜国際総合競技場(神奈川・横浜)、豊田スタジアム(愛知・豊田)、国立霞ヶ丘競技場(東京)で開催された第3回大会。

この大会より『クラブ世界選手権』から『クラブワールドカップ』に変更されました。

昨年同様、開催国枠はなく、トーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位決定戦や5位決定戦も行われました。

結果は、インテルナシオナル(ブラジル)がバルセロナ(スペイン)を1-0で破り優勝しました。

 

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 インテルナシオナル ブラジル CONMEBOL(南米) 初出場
2位 バルセロナ スペイン UEFA(ヨーロッパ) 初出場
3位 アル・アハリ エジプト CAF(アフリカ) 2回目
4位 クラブ・アメリカ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
5位  金北現代モータース 韓国 AFC(アジア) 初出場
6位 オークランド・シティ オーストラリア UOFC(オセアニア) 初出場

 

日本からは、ガンバ大阪・東京ヴェルディ1969の2チームがAFCチャンピオンズリーグ2006に出場しましたが、グループリーグ敗退となっています。

ゆ~やん
ヴィッセル神戸で活躍中のイニエスタ選手も初参加した大会です!

 

第4回 FIFAクラブワールドカップ2007 ミラン

2007年に日本の横浜国際総合競技場(神奈川・横浜)、豊田スタジアム(愛知・豊田)、国立霞ヶ丘競技場(東京)で3年連続開催された第4回大会。

今回から開催国枠も新設され、全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位決定戦だけ行われました。

結果は、ミラン(イタリア)がボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)を4-2で破り、欧州チームが初優勝しました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 ミラン イタリア UEFA(ヨーロッパ) 初出場
2位 ボカ・ジュニアーズ ブラジル CONMEBOL(南米) 初出場
3位 浦和レッズ 日本 AFC(アジア) 初出場
4位 エトワール・サヘル チュニジア CAF(アフリカ) 初出場
5位 セパハン イラン AFC(アジア)開催国代替枠 初出場
6位 パチューカ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
7位 ワイタケレ・ユナイテッド オーストラリア UOFC(オセアニア) 初出場

 

日本からは、浦和レッズ・川崎フロンターレの2チームがAFCチャンピオンズリーグ2007に出場し、浦和レッズが優勝。

クラブワールドカップでも第3位の成績をおさめるなど話題になりました。

スポンサーリンク

第5回 FIFAクラブワールドカップ2008 マンチェスター・ユナイテッド

2008年に日本の横浜国際総合競技場(神奈川・横浜)、豊田スタジアム(愛知・豊田)、国立霞ヶ丘競技場(東京)で4年連続開催された第5回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、マンチェスターユナイテッド(イングランド)がLDUキト(エクアドル)を1-0で破り、欧州チームが2年連続優勝しました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 マンチェスター・ユナイテッド イングランド UEFA(ヨーロッパ) 2回目
2位 DUキト エクアドル CONMEBOL(南米) 初出場
3位 ガンバ大阪 日本 AFC(アジア) 初出場
4位 パチューカ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
5位 アデレード・ユナイテッド オーストラリア AFC(アジア)開催国代替枠 初出場
6位 アル・アハリ エジプト CAF(アフリカ) 3回目
7位 ワイタケレ・ユナイテッド オーストラリア UOFC(オセアニア) 2回目

 

日本からは、鹿島アントラーズ・ガンバ大阪の2チームがAFCチャンピオンズリーグ2008に出場し、ガンバ大阪が優勝。

2年連続で日本チームが参加し、3位になりました。

ゆ~やん
世界を代表する選手クリスティアーノ・ロナウド(当時・マンチェスター・ユナイテッド)が、初めて参加した大会です!

第6回 FIFAクラブワールドカップ2009 バルセロナ

2009年にアラブ首長国連邦(アブダビ)で開催された第6回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、バルセロナ(スペイン)がエストゥディアンテス(アルゼンチン)を2-1(延長)で破り、バルセロナが初優勝。欧州チームが3年連続で世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 バルセロナ スペイン UEFA(ヨーロッパ) 2回目
2位 エストゥディアンテス アルゼンチン CONMEBOL(南米) 初出場
3位 浦項スティーラース 韓国 AFC(アジア) 初出場
4位 アトランテ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
5位 オークランド・シティ ニュージーランド UOFC(オセアニア) 2回目
6位 マゼンベ コンゴ民主共和国 CAF(アフリカ) 初出場
7位 アル・アハリ アラブ首長国連邦 AFC(アジア)開催国代替枠 初出場

 

日本からは、鹿島アントラーズ・川崎フロンターレ・名古屋グランパス・ガンバ大阪の4チームがAFCチャンピオンズリーグ2009に出場しました。

全チームが予選を突破し、名古屋グランパスが3位になりました。2年連続で出場していたクラブワールドカップですが、3年連続とはなりませんでした。

ゆ~やん
世界を代表する選手リオネル・メッシが、初参加した大会です!

 

第7回 FIFAクラブワールドカップ2010 インテル

2010年にアラブ首長国連邦(アブダビ)で開催された第7回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、インテル(イタリア)がマセンべ(コンゴ共和国)を3-0で破り、インテルが初優勝

欧州チームが4年連続、ミランに続きイタリア勢が2回目の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 インテル イタリア UEFA(ヨーロッパ) 初出場
2位 マゼンベ コンゴ民主共和国 CAF(アフリカ) 2回目
3位 インテルナシオナル ブラジル CONMEBOL(南米) 2回目
4位 城南一和天馬 韓国 AFC(アジア) 初出場
5位 パチューカ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 3回目
6位 アル・ワフダ アラブ首長国連邦 AFC(アジア)開催国代替枠 初出場
7位 ヘカリ・ユナイテッド パプアニューギニア UOFC(オセアニア) 初出場

 

日本からは、鹿島アントラーズ・川崎フロンターレ・サンフレッチェ広島・ガンバ大阪の4チームがAFCチャンピオンズリーグ2010に出場。

ガンバ大阪・鹿島アントラーズが予選を突破しましたが、いい成績を残すことができませんでした。

 

第8回 FIFAクラブワールドカップ2011 バルセロナ

2011年に日本の横浜国際総合競技場(神奈川・横浜)、豊田スタジアム(愛知・豊田)で3年ぶり5回目の開催となった第8回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、バルセロナ(スペイン)がサントス(ブラジル)を4-0で破り、バルセロナが2回目の優勝

欧州チームが5年連続、スペイン勢が2回目の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 バルセロナ スペイン UEFA(ヨーロッパ) 3回目
2位 サントス ブラジル CONMEBOL(南米) 初出場
3位 アル・サッド カタール AFC(アジア) 初出場
4位 柏レイソル 日本 AFC(アジア)開催国代替枠 初出場
5位 モンテレイ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
6位 エスペランス チュニジア CAF(アフリカ) 初出場
7位 オークランド・シティ ニュージーランド UOFC(オセアニア) 3回目

 

日本からは、名古屋グランパス・ガンバ大阪・セレッソ大阪・鹿島アントラーズの4チームがAFCチャンピオンズリーグ2011に出場。

全チーム予選を突破しましたが、いい成績を残すことができませんでした。

ゆ~やん
開催国枠として出場した柏レイソルが頑張りました!
スポンサーリンク

第9回 FIFAクラブワールドカップ2012 コリンチャンス

2012年に日本の横浜国際総合競技場(神奈川・横浜)、豊田スタジアム(愛知・豊田)で2年連続6回目の開催となった第9回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、コリンチャンス(ブラジル)がチェルシー(イングランド)を1-0で破り、コリンチャンスが2回目の優勝

南米チームが5年ぶり、ブラジル勢が3回目の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 コリンチャンス ブラジル CONMEBOL(南米) 2回目
2位 チェルシー イングランド UEFA(ヨーロッパ) 初出場
3位 モンテレイ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 2回目
4位 アル・アハリ エジプト CAF(アフリカ) 4回目
5位 サンフレッチェ広島 日本 AFC(アジア)開催国代替枠 初出場
6位 蔚山現代 韓国 AFC(アジア) 初出場
7位 オークランド・シティ ニュージーランド UOFC(オセアニア) 4回目

 

日本からは、柏レイソル・FC東京・名古屋グランパス・ガンバ大阪の4チームがAFCチャンピオンズリーグ2012に出場。

柏レイソル・FC東京・名古屋グランパスが予選を突破しましたが、いい成績を残すことができませんでした。

ゆ~やん
Jリーグのサガン鳥栖で活躍していた元・スペイン代表フェルナンド・トーレス選手が、初参加した大会です!

 

第10回 FIFAクラブワールドカップ2013 バイエルン・ミュンヘン

2013年にモロッコで開催された第10回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)がラジャ・カサブランカ(モロッコ)を2-0で破り、バイエルンが初優勝

欧州チームが1年ぶり、ドイツ勢初の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 バイエルン・ミュンヘン ドイツ UEFA(ヨーロッパ) 初出場
2位 ラジャ・カサブランカ モロッコ CAF(アフリカ)開催国 2回目
3位 アトレチコ・ミネイロ ブラジル CONMEBOL(南米) 初出場
4位 広州恒大 中国 AFC(アジア) 初出場
5位 モンテレイ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 3回目
6位 アル・アハリ エジプト CAF(アフリカ) 5回目
7位 オークランド・シティ ニュージーランド UOFC(オセアニア) 5回目

 

日本からは、サンフレッチェ広島・柏レイソル・ベガルタ仙台・浦和レッズの4チームがAFCチャンピオンズリーグ2013に出場。

柏レイソルが予選を突破し、3位の成績を残しました。

 

第11回 FIFAクラブワールドカップ2014 レアル・マドリード

昨年に引き続き、2014年もモロッコで開催された第11回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、レアル・マドリード(スペイン)がサン・ロレンソ(アルゼンチン)を2-0で破り、レアル・マドリードが初優勝

欧州チームが2年連続、スペイン勢が3回目の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 レアル・マドリード スペイン UEFA(ヨーロッパ) 2回目
2位 サン・ロレンソ アルゼンチン CONMEBOL(南米) 初出場
3位 オークランド・シティ ニュージーランド UOFC(オセアニア) 6回目
4位 クルス・アスル メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
5位 ESセティフ アルジェリア CAF(アフリカ) 初出場
6位 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ オーストラリア AFC(アジア) 初出場
7位 マグリブ・テトゥアニ モロッコ CAF(アフリカ)開催国 初出場

 

日本からは、サンフレッチェ広島・横浜Fマリノス・川崎フロンターレ・セレッソ大坂の4チームがAFCチャンピオンズリーグ2014に出場。

セレッソ大坂・サンフレッチェ広島・川崎フロンターレが予選を突破しましたが、いい成績を残すことができませんでした。

 

第12回 FIFAクラブワールドカップ2015 バルセロナ

2015年に日本の横浜国際総合競技場(神奈川)、大阪長居スタジアム(大阪)で7回目の開催となった第12回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、バルセロナ(スペイン)がリーベル・プレート(アルゼンチン)を3-0で破り、バルセロナが3大会ぶり3回目の優勝

欧州チームが2年連続、スペイン勢が4回目の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 バルセロナ スペイン UEFA(ヨーロッパ) 4回目
2位 リーベル・プレート アルゼンチン CONMEBOL(南米) 初出場
3位 サンフレッチェ広島 日本 AFC(アジア)開催国代替枠 2回目
4位 広州恒大 中国 AFC(アジア) 2回目
5位 クラブ・アメリカ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 2回目
6位 マゼンベ コンゴ民主共和国 CAF(アフリカ) 3回目
7位 オークランド・シティ ニュージーランド UOFC(オセアニア) 7回目

 

日本からは、ガンバ大阪・浦和レッズ・鹿島アントラーズ・柏レイソルの4チームがAFCチャンピオンズリーグ2015に出場。

柏レイソル・ガンバ大阪が予選を突破し、3位の成績を残しました。

ゆ~やん
世界を代表する選手ネイマール(当時・バルセロナ)が、初参加した大会です!
スポンサーリンク

第13回 FIFAクラブワールドカップ2016 レアル・マドリード

2016年に日本の横浜国際総合競技場(神奈川)、市立吹田サッカースタジアム(大阪)で2年連続8回目の開催となった第13回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、レアル・マドリード(スペイン)が鹿島アントラーズ(日本)を4-2(延長)で破り、レアル・マドリードが2大会ぶり2回目の優勝

欧州チームが3年連続、スペイン勢が5回目の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 レアル・マドリード スペイン UEFA(ヨーロッパ) 3回目
2位 鹿島アントラーズ 日本 AFC(アジア)開催国代替枠 初出場
3位 アトレティコ・ナシオナル コロンビア CONMEBOL(南米) 初出場
4位 クラブ・アメリカ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 3回目
5位 全北現代モータース 韓国 AFC(アジア) 2回目
6位 マメロディ・サンダウンズ 南アフリカ CAF(アフリカ) 初出場
7位 オークランド・シティ ニュージーランド UOFC(オセアニア) 8回目

 

日本からは、サンフレッチェ広島・ガンバ大阪・浦和レッズ・FC東京の4チームがAFCチャンピオンズリーグ2016に出場。

FC東京が予選を突破しましたが、いい成績を残すことができませんでした。

ゆ~やん
開催国枠として出場した鹿島アントラーズが奮闘。強敵を次々と破り、最後には王者レアル・マドリードを苦しめました。準優勝と歴代最高の成績を残しました。

 

第14回 FIFAクラブワールドカップ2017 レアル・マドリード

2017年にアラブ首長国連邦で、6年ぶり3回目の開催となった第14回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、レアル・マドリード(スペイン)がグレミオ(ブラジル)を1-0で破り、レアル・マドリードが2大会連続3回目の優勝

欧州チームが4年連続、スペイン勢が6回目の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 レアル・マドリード スペイン UEFA(ヨーロッパ) 4回目
2位 グレミオ ブラジル CONMEBOL(南米) 初出場
3位 パチューカ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 4回目
4位 アル・ジャジーラ アラブ首長国連邦 AFC(アジア)開催国代替枠 初出場
5位 浦和レッズ 日本 AFC(アジア) 2回目
6位 ウィダード・カサブランカ モロッコ CAF(アフリカ) 初出場
7位 オークランド・シティ ニュージーランド UOFC(オセアニア) 9回目

 

日本からは、鹿島アントラーズ・浦和レッズ・川崎フロンターレ・ガンバ大阪の4チームがAFCチャンピオンズリーグ2017に出場。

鹿島アントラーズ・浦和レッズ・川崎フロンターレが予選を突破し、浦和レッズが見事優勝。クラブワールドカップでも5位の成績を残しました。

 

第15回 FIFAクラブワールドカップ2018 レアル・マドリード

2018年にアラブ首長国連邦で、2年連続4回目の開催となった第15回大会。

開催国枠を含む全7チームのトーナメント方式。南米とヨーロッパのクラブはシード権が与えられ、3位・5位決定戦も行われました。

結果は、レアル・マドリード(スペイン)がアル・アイン(アラブ首長国連邦)を4-1で破り、レアル・マドリードが3大会連続4回目の優勝

欧州チームが5年連続、スペイン勢が7回目の世界一になりました。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 レアル・マドリード スペイン UEFA(ヨーロッパ) 5回目
2位 アル・アイン アラブ首長国連邦 AFC(アジア)開催国代替枠 初出場
3位 リーベル・プレート アルゼンチン CONMEBOL(南米) 2回目
4位 鹿島アントラーズ 日本 AFC(アジア) 2回目
5位 エスペランス チュニジア CAF(アフリカ) 2回目
6位 グアダラハラ メキシコ CONCACAF(北中米カリブ) 初出場
7位 チーム・ウェリントン ニュージーランド UOFC(オセアニア) 初出場

 

日本からは、川崎フロンターレ・セレッソ大坂・鹿島アントラーズ・柏レイソルの4チームがAFCチャンピオンズリーグ2018に出場。

鹿島アントラーズが予選を突破し、日本勢が2年連続優勝。クラブワールドカップでも4位の成績を残しました。

ゆ~やん
レアル・マドリードが3年連続優勝という大記録を達成しました!

 

第16回 FIFAクラブワールドカップ2019 

結果が分かり次第、追記修正していきます。

順位 チーム 所在国 所属大陸 回数
1位 ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○
2位 ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○
3位 ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○
4位 ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○
5位 ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○
6位 ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○
7位 ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○

 

↓FIFAクラブワールドカップ2019の放送日や日程、出場チームはこちら

クラブワールドカップ2019の放送日&日程は?出場チームまとめ!

2019.11.29

 

まとめ

【クラブW杯】歴代優勝チームは?日本チームの順位も!

  • 最多優勝国は スペインの7回・ブラジルが4回・イタリアが2回
  • 優勝チームは レアル・マドリード(スペイン)の4回・バルセロナ(スペイン)の3回・コリンチャンス(ブラジル)の2回
  • 最多出場チームは オークランド・シティ(ニュージーランド)の9回
  • 日本は 開催国枠を含めると6回出場
  • 最高順位は 鹿島アントラーズの2位

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です