【バイク】ハーレーの人気車種は?初心者におすすめ車種紹介 

バイクに全く興味がない人でも、聞いたことがあると答えるほど有名なアメリカを代表するバイクメーカー『ハーレーダビッドソン』。

日本でも人気のバイクメーカーで、一度は乗ってみたいとあこがれている人も多いと思います。

私もその1人で、すでに乗っています(笑)。

そこで、人気車種や初心者おすすめ車種を紹介していきたいと思います。

『ハーレーに乗ってみたいなぁ~』とか『ハーレーは大きいし、私には無理かな…』なんて、思っているあなたに少しでもお役に立てればいいかなと思います。

スポンサーリンク

私が選ぶ!ハーレーダビッドソン人気車種

ここでは人気車種の中から私が選んだ『FORTY-EIGHT』『IRON 883』を紹介していきたいと思います。

この2台の共通点は、『カッコイイ』ことです!

不動の人気車種!XL1200X FORTY-EIGHT

2011年に登場して以来、全モデルの中でも人気ナンバー1の『XL1200X  FORTY-EIGHT』。

『スポーツスターファミリー』という、日本の文化に最も適したモデルと言われ、普通に走るのはもちろん、峠などのスポーツ走行にも対応した人気ファミリーの1台です。

チュートリアル・徳井さんが乗っているバイクでも有名ですね。

私が思うフォーティーエイトのカッコイイところは、シルエットの美しさです。

ハーレーの代名詞と言われる車体を低くコンパクトなシルエットの『ホバースタイル』。

両足を前に突き出すようなライディングスタイルです。

そのため、バイクとの一体感が生まれ、『人馬一体』ならぬ『鉄馬一体』のようなスタイルになります。

まさしくそのシルエットは、美しい。

このバイクで、街中を走るだけでもカッコイイですよね!

また、自分好みにカスタムするのがハーレーを楽しむ一つと言われていますが、このバイクに限っては、すでにカスタムされているかのように完成されたスタイルなんです。

そのまま乗ってても十分かっこいいと思いますし、カスタム次第では自分好みにできるという、人気No.1の理由がわかりますね。

デメリットを上げると、身長や手足が短い人にはちょっと難しいかもしれないです。

私も試乗した時に「足がとどくかな?」と思ったぐらいです。

なんとか乗ることができましが、購入を検討している人は一度試乗してみた方がいいと思います。

XL1200X FORTY-EIGHT 2018 スペック

エンジン 空冷式Evolution
排気量 1,202 cc
全長 2,165 mm
シート高 710 mm
最低地上高  110 mm
フロントタイヤ 130/90B16 73H
リアタイヤ 150/80B16 77H
燃料容量  7.9 l
オイルタンク容量  2.6 l
車両重量 252 kg
カラー ビビッドブラック・モノトーン・ハードキャンディカスタム・ANNIVERSARYカラー
価格 149万円~

 価格は149万円から。

スタイルを重視した結果、『燃料容量』つまりガソリンタンクが7.9リットルと小さめ。

燃費は状況によりますが20キロ前後。

150キロぐらいは走れる計算になります。

高速を使うロングツーリングや集団のツーリングには、ちょっと心細いですね。

重量も250㎏。

車体、エンジンも大きいので重量も比例し、重くなります。

王道!XL883N IRON 883

次に紹介するのが、フォーティーエイトと同じくスポーツスターファミリーの『XL883N IRON 883』。

エンジンの排気量からパパサン(883)とも言われています。

XLに続く数字は、エンジンの排気量になっています。

フォーティーエイトの排気量を小さくしたようなバイクで、重量こそ変わりませんが、その分ガソリンタンクが増えています。

また、フォワードポジションからミッドポジションになっており、シート高が少し上がっています。

このアイアンのいいところは、スタイルはもちろん、街乗りやツーリングでもちょうどいいんです!

街乗りメインの人には、このモデルをおすすめします。

というのも、883は『取り回しの良さ』が特徴と言われているからです。

コンビニやスーパーなど、ちょっと買い物をするときに取り回しがいいと楽ですよね!

排気量が大きいバイクだと、取り回しがちょっと難しいです。

ツーリングだと不便じゃないの?

そんなことはありません!

先ほど紹介したようにタンク容量も大きいので心配ないですし、排気量こそ少ないですが、全然苦にならないです。

フォーティーエイトより車高が上がっている分、アグレッシブに攻めることもできます。

また、ハーレーの中でも『カスタム向き』と言われており、パーツの種類が豊富。

世界で一台しかない自分だけのバイクにすることができます。

まさしく王道、ちょうどいいハーレー、それがXL883Nです。

XL883N IRON 2018 スペック

エンジン 空冷式Evolution
排気量 883 cc
全長 2,165 mm
シート高 760 mm
最低地上高  140 mm
フロントタイヤ 100/90B19 57H
リアタイヤ 150/80B16 77H
燃料容量 12.5 l
オイルタンク容量  2.6 l
車両重量 256 kg
カラー モノトーン・ハードキャンディカスタム
価格 131万円~

ガソリンタンクが12.5リットルあるため一回の給油で220キロぐらい走ることができるのでそれほど心配はないと思います。

重量はフォーティーエイトとあまり変わりませんが取り回しが楽ということは、車体設計の関係で取り回しがしやすいバイクなんですかね。

スポンサーリンク

初心者におすすめ車種

ここでは初心者におすすめのモデル『XL883N IRON』『XL883L スーパーロー』『STREET 750』の3台を紹介していきたいと思います。

免許を取って初めてバイクに乗る方や初めてハーレーに乗ろうと思っている方に少しでもお役に立てればうれしいです。

初心者・女性でも安心!XL883N IRON・XL883L SUPER LOW

XL883L SUPER LOW 公式サイトより

バイクを購入するのに重要視するのは、価格もそうですが『足つき』や『取り回し』ですよね。

そんな2つの不安を解決してくれるのが『XL883N』と『XL883L』です。

スポーツスターファミリーで、ハーレーの中では初心者に向いていると言われています。

アイアンは、先ほど人気車種のところで紹介したので、ここではもう一つのスーパーローについてご紹介したいと思います。

XL883L スーパーローは、安心感のあるライディングを実現する、均整のとれたフォルムに裏打ちされた低いシート高と低重心設計。

最大の特徴は、足つきの良さです。

アイアンに比べ、前後のサスペンションのストロークを短くすることにより、ローダウンモデルに。

また、プルバックハンドルを採用しているため、体に近いところにスロットルがあり、小柄な人、女性でも乗りやすいです。

そのほかフットポジションがやや前方に設置することにより、快適なラインディングを実現しています。

ハーレーの中でも初心者向けと言われるだけあって、初心者だけでなく女性にも扱いやすいバイクになっています。

デメリットは、スポーツ性が落ちてしまうことです。

『スポーツスター=スポーツ走行』を考えると、ハンドルやサスペンション、車高が低くバンク角もないため車体やフットペグを擦ってしまう可能性があります。

しかし、スポーツ走行をしない人、のんびり走りたい人にとってはなんも問題はないってことですよね。

「アイアンに乗りたいけど、ちょっと不安」と考えている方、ローから考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

XL883L SUPER LOW 2018 スペック

エンジン 空冷式Evolution
排気量 883 cc
全長 2,225  mm
シート高 705 mm
最低地上高  100 mm
フロントタイヤ 120/70 ZR-18 59W
リアタイヤ 150/60 ZR-17 66W
燃料容量 17 l
オイルタンク容量  2.6 l
車両重量 258 kg
カラー ビビッドブラックモノトーン・ツートン
価格 128万円~

シート高がアイアンに比べて55ミリも低くなっています。

そのためか最低地上高が100ミリとかなり低めになっていますね。

かなり擦ってしまいますね。

ガソリン両量も17リットルとアイアンに比べると5リットル増。

300キロぐらい給油なしでも走ることができます。

ロングツーリングには心配なさそうです。

しかし、タンクが大きくなっているので、もし倒れた時にタンクを傷つけてしまう可能性が…。

ちょっと高いですが、エンジンやタンクを傷つけて何十万の修理代を払うよりは全然いいので、エンジンガードは必須だと思います。

ハーレーネイキッド!STREET 750

次にオススメするのが私も乗っている『STREET750』です。

最近発売されたモデルで『ハーレーの異端児』とも呼ばれています。

なぜ異端児と呼ばれているのかと言いますと、『アメリカンバイク』でなく、『国産ネイキッド』のようなバイクだからです。

そのせいかネットで検索すると『ハーレー ストリート750 ダサい』と予測変換されてしまう不人気バイクです(涙)

私もツーリングで色々なところに行っていますが、数台しか見たことがありません。

ディーラーに聞いても、周辺で乗っているのは私だけみたいです…。

そんなストリートの特徴は、水冷エンジンなためオイル交換を頻繁にすることがなく、渋滞のときでも空冷に比べ熱くなりにくいです。

維持費があまりかからない!熱くなりにくい!

また車重が233キロで一番軽く、100万円で買えちゃうんです。

シート高もローには及びませんが、720ミリ。

排気量が750ccなんで、街乗りはもちろんのことツーリングでも心配ないです。

『ハーレー・ストリート750(XG750)を私なりに紹介!』の記事でもストリートのことを紹介しています。

良ければ参考にしてください!

【バイク】ハーレー・ストリート750(XG750)を私なりに紹介!

2018.09.30

【バイク】初めての点検!ストリート750 レポ 

2018.10.26

STREET 750 2018 スペック

エンジン 水冷 Revolution X V twin
排気量 750 cc
全長 2,215 mm
シート高 720 mm
最低地上高  145 mm
フロントタイヤ 100/80-17
リアタイヤ 140/75 R15
燃料容量 13.1 l
オイルタンク容量  3.1 l
車両重量 233 kg
カラー ビビッドブラックモノトーン・デラックスカラー
価格 97万円~

シート高は、アイアンより30ミリ低いですが、ローより15ミリ高いです。

重量は233キロで、ハーレーで一番軽い車両になります。

タンクも13リットルで、250キロぐらいは給油なしでも走れます。

私は大体200キロぐらいで給油しています。

価格は今は97万円からですが、2015年モデルは85万円から売っていました。

新しいモデルになってからは、ABSが標準装備されたり、ちょこちょこ部品も増えたりして今の価格になっています。

バイク購入を迷っている人へ

これからバイクを購入しようと考えている人に、この言葉を送りたいと思います。

『自分が乗りたいバイクに乗れ』

「このバイク乗りたいけど、高いし重いし足つきも悪い…。別のバイクにしようかな…。」と乗りたいバイクをあきらめて違うバイクに乗る人がいると思います。

重かったり足つきが悪いとバイクを出すのも大変だし、ちょっとしたことが苦になったしまうと思ったんです。

それだけでなく、維持費やその他もろもろ…。

しかし、考えてみて下さい。

あなたがあきらめたバイクを雑誌かテレビ、街中やツーリング中に見かけるたびに

「あ~やっぱりカッコイイな~」「やっぱり、あのバイクに乗りたいな~」

と考えてしまうと思うんです。

バイクを購入する前にちょっと考えてほしいんです。

重い?足つきが悪い?取り回しが苦?

そんなん乗っていればなれますし、足つきをよくする対策もたくさんあります。

心配ならお店に行って試乗や相談。

購入後、どうしても取り回しや運転方法が心配な人は、ディーラーやメーカーが主催しているライディングスクールなどのイベントに参加したり、動画を見て研究することもできます。

維持費?

なんだって多少の維持費はかかります!だって、安全に乗るためにかかる費用ですから。

車検もそう。

高いと思う人は、月々5000円くらい貯金しておけば車検代が払えます。

余ったお金で、バイク用品が買えると思えば貯めるのも苦じゃないですよね!

私も月々10000円バイク貯金しています。(車の車検とダブルパンチなんで)

何かあったらネットで調べれば同じ壁にぶつかっている人がいますし、その対処法も知ることもできます。

そう考えると、何とかなりませんか?(笑)

「高いからそんなバイクやめろ!」

「そんなバイク乗ってどうするの!」

「ハーレーなんて金持ちだな」

と言われることもあると思います。

誰が何と言おうと乗るのは自分。

決して安い買い物ではないです。

だからこそ、自分が納得したバイクを買ってほしいと思います。

バイク歴5年。

バイクのこともよく知らないおっさんの独り言だと思って聞き流していただければと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • フォーティーエイトが人気No.1
  • 人気があり初心者でもおすすめな『IRON883』
  • 初心者&女性にもおすすめな『SUPER LOW』
  • 私が個人的におすすめする『STREET750』
  • 『自分が乗りたいバイクに乗れ』 

いろいろおすすめなバイクを紹介していますが、やっぱり最後は自分の一番乗りたいバイクに乗ることが一番だと思います。

「自分で紹介してて、何様だよ!」と思われるかもしれないですが、私は皆さんが乗りたいバイクを見つけるためのお手伝いができればと思って記事を書きました。

乗りたいバイクを探すときに、『〇〇〇 乗り方』『〇〇〇 試乗感想』『〇〇〇 口コミ』など色々調べますよね?

その時に色々な人の感想や意見があると、参考になるし、新しい発見があると思うんです。

その一部になれればいいと思っています。

別にハーレーが一番いいとは思っていませんし、国産のいいバイクはたくさんあります。

私も最初のバイクは、Kawasakiのエストレヤ。

バイクの楽しさ、苦しさ、辛さなどいろいろなことを教えてくれたバイクです。

皆さん!バイクって、意外にいいですよ!

P.S これからバイクブログも書いていこうと思っています。

ほぼストリート750関係ですが(笑)。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です