【乃木坂46】西野七瀬卒業記念!歴代卒業曲まとめ

【乃木坂46】西野七瀬卒業記念!歴代卒業曲まとめ

『次は誰が卒業するんだろ…。』

ども、ゆ~やんです!

この記事では『【乃木坂46】西野七瀬卒業記念!歴代卒業曲まとめ』という事で、歴代の卒業メンバーが卒業した曲のご紹介したいと思います。

年内の活動で卒業を発表している西野七瀬さん(卒業コンサートは来年開催予定)をはじめ、女優で活躍中の深川麻衣さん。

舞台やタレントとして活躍中の生駒里奈さんや橋本奈々未さんのセンターを飾った卒業ソングです。

【乃木坂46】歴代シングルセンター&選抜一覧 パート②

2018.09.22

【乃木坂46】歴代シングルセンター&選抜一覧 パート①

2018.08.16
スポンサーリンク

深川麻衣・卒業ソング『ハルジオンが咲く頃』

2016年3月23日に発売された14枚目シングル『ハルジオンが咲く頃』です。

最初で最後のセンターに抜擢されたこの曲は、同年6月に卒業した深川麻衣さんをイメージした曲。

地元静岡のエコパアリーナで開催された卒業コンは、乃木坂46のライブの中でも一番と言われているほど、とてもいいライブでした。

推しメンだったこともあり、終始大号泣。今でも思い出すと涙が…。

『4th YEAR BIRTHDAY LIVE』では、メンバーの川後陽菜さんがセンターを務めたときに神宮球場のアリーナが黄色サイリウム、周りが白のサイリウムに染まりハルジオンが咲いたような幻想的な景色になりました。

このことはメンバーから発信したわけじゃなく、ファンがSNSなどで発信したもの。

メンバーやファンにも愛された深川さんを象徴する出来事だと思いますね。

それ以来『ハルジオンが咲く頃』のイントロが流れるとアリーナ席が黄色、その他は白とハルジオンカラーになります。

14枚目シングル『ハルジオンが咲く頃』詳細

14枚目シングル『ハルジオンが咲く頃』選抜メンバー:公式サイトより

【センター:深川麻衣】

3列目:桜井玲香・若月佑美・松村沙友理・生駒里奈・伊藤万理華・井上小百合・堀未央奈

2列目:齋藤飛鳥・高山一実・衛藤美彩・秋元真夏・星野みなみ

1列目:橋本奈々未・西野七瀬・深川麻衣・白石麻衣・生田絵梨花

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

橋本奈々未・卒業ソング『サヨナラの意味』

2016年11月9日に発売された16枚目シングル『サヨナラの意味』です。

センターに抜擢されたのは、2017月2月に卒業及び芸能界を引退した橋本奈々未さん。

最初で最後のセンター曲で、乃木坂工事中で放送された『ファンが選ぶ!乃木坂46ベストランキング』で一位を獲得した人気曲です。

2年連続で紅白出場した時もこの曲が披露されました。ちなみに、初出場の時は、5枚目シングル『君の名は希望』です。

また、卒業コンサートになった『5th YEAR BIRTHDAY LIVE 2017.2.20-22 SAITAMA SUPER ARENA』は、伝説のライブとなっています。

このころからチケットが当たらなくなってきて、生の『サヨナラの意味』を聞くことなく奈々未さんが卒業してしまいました。残念…涙。

サヨナラに強くなれ!

16枚目シングル『サヨナラの意味』センター&選抜メンバー

16枚目シングル『サヨナラの意味』選抜メンバー:公式サイトより

【センター:橋本奈々未】

3列目:中元日芽香・井上小百合・新内眞衣・桜井玲香・生駒里奈・星野みなみ・北野日奈子・伊藤万理華

2列目:若月佑美・松村沙友理・堀未央奈・齋藤飛鳥・衛藤美彩・秋元真夏

1列目:高山一実・西野七瀬・橋本奈々未・白石麻衣・生田絵梨花

生駒里奈・幻の卒業ソング『シンクロニシティ』

2018年4月25日に発売された20枚目シングル『シンクロニシティ』です。

生駒里奈さんがセンターだろうと誰もが予想していたんですが、センターは白石麻衣さん。

しかし、生駒さんはセンターを辞退しました。その理由がこちら

今までの様々なアイドルさんが卒業の際、シングルやソロ曲含め送り出して貰っています、もちろん、乃木坂を卒業していったメンバーも。中には今までの卒業メンバーやこれからいつか卒業するメンバーがどう思うの?と言う意見を持ったファンの皆さん 正解ですよねその気持ち。私だってそれは考えています。

私は、こういう卒業のやり方があってもいいんじゃないかなと。一つのパターンに絞られずに、自分らしいグループからの卒業をしてもいいんじゃないかって思ったんです。

安心して楽しんで待っていてください。ポジションだけで語りはしませんからね。今までの乃木坂46に感謝を伝えて未来の乃木坂46に起爆剤を与えられる様な事をしたいと考えています。

と強い思いをブログで語っていました。

結成からセンターに選ばれ、グループを引っ張り、いろいろ苦労があったでしょう。

最後の最後まで乃木坂のことを考えてくれている生駒さんには感謝しかありません。本当に。

最後のセンター曲になったのは、カップリング曲『Against』。

メンバーは全員一期生で、フロントは生田絵梨花さんと星野みなみさん通称『生生星』。

卒コンは、2018年4月22日に日本武道館で開催されました。

20枚目シングル『Against』センター&メンバー

【センター:生駒里奈】

秋元真夏・生田絵梨花・生駒里奈・井上小百合・衛藤美彩・川後陽菜・齋藤飛鳥・斎藤ちはる・斉藤優里・桜井玲香・白石麻衣・高山一実・中田花奈・西野七瀬・能條愛未・樋口日奈・星野みなみ・松村沙友理・若月佑美・和田まあや

『against』の意味は、~に反対する、反抗する、逆らうです。

西野七瀬・卒業ソング『帰り道は遠回りしたくなる』

2018年11月14日に発売された22枚目シングル『帰り道は遠回りしたくなる』です。

センターに抜擢されたのは、2018月12月に卒業を発表している西野七瀬さん。

初めてセンターに選ばれた8枚目シングル『気づいたら片想い』から今作のセンターで7回目となります。

卒コンは来年開催される予定です。チケットの倍率がすごいことになる予感です。

これは私の個人的な願いですが、卒コンには本当に行きたい人とか長年七瀬さんを推しメンとして応援してきたファンの人たちに行ってもらいたいと思っています。

私も行きたいですが…。

【乃木坂46】22枚目シングル『帰り道は遠回りしたくなる』収録曲&特典 最新情報

2018.09.24

22枚目シングル『帰り道は遠回りしたくなる』センター&選抜メンバー

22枚目シングル選抜メンバー

22枚目シングル『帰り道は遠回りしたくなる』選抜メンバー:公式サイトより

【センター:西野七瀬】

3列目:斉藤優里・井上小百合・佐藤楓・大園桃子・伊藤理々杏・新内眞衣・高山一実

2列目:衛藤美彩・秋元真夏・堀未央奈・若月佑美・星野みなみ・桜井玲香・松村沙友理

1列目:梅澤美波・山下美月・齋藤飛鳥・西野七瀬・白石麻衣・生田絵梨花・与田祐希

【乃木坂46】西野七瀬 最後のセンター!22ndシングル『帰り道は遠回りしたくなる』選抜発表

2018.10.02

まとめ

深川麻衣さんの卒業ソングは『ハルジオンが咲く頃』

橋本奈々未さんの卒業ソングは『サヨナラの意味』

生駒里奈さんの卒業ソングは『against』

西野七瀬さんの卒業ソングは『帰り道は遠回りしたくなる』 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です