【乃木坂46】アンダーライブとは?特徴&歴史 教えます!

【乃木坂46】アンダーライブとは?特徴&歴史 教えます!
ゆ~やん
『アンダーライブ』って、知ってます?

ども、ゆ~やんです!

 

この記事は『【乃木坂46】アンダーライブとは?歴史&特徴 教えます!』ということで、乃木坂46を語る上で外すことのできない『アンダーライブ』

 

その 意味や歴史、特徴 などを私なりにご紹介していきたいと思います。

 

この記事で、『アンダーライブ』のことを少しでも知っていただき、興味や行ってみようかなと思っている人にお役に立てると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

アンダーライブとは…

アンダーライブ とは、シングルが発売されるたびに変わっていくアンダーメンバーで不定期に開催されるライブのこと。通称『アンダラ』

 

選抜メンバーが稀にサプライズで参加することがありますが、基本的には参加しないライブです。

 

ゆ~やん
アンダーメンバーとは、シングル選抜に選ばれなかったメンバーのこと。齋藤飛鳥さん堀未央奈さん、井上小百合さんや新内眞衣さんなど選抜常連メンバーやセンター経験者もアンダーメンバーでした。

 

乃木坂46は、バースデーライブ・夏の全国ツアー・ミニライブ・各種イベントなどのライブがありますが、アンダーメンバーが主役のライブは『アンダラ』だけです。

 

「メンバー、曲とか分からないし、あまり興味が…」

 

と思っているあなた!そんなことはありません!アンダラだけの特徴があるし、乃木坂を語る上では外せない歴史があります。

 

そんなアンダーライブを特徴とともに歴史などを紹介していきます。

 

ゆ~やん
主要なライブよりアンダラが好きなファンも多いです!私もその一人!

 

アンダーライブの特徴

アンダーライブの主な特徴は…

  1. 参加メンバーがアンダーメンバーのみ
  2. アンダー曲が多いセットリスト
  3. 会場のキャパが小さい

 

では、一つ一つ簡単に解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アンダーメンバーのみ!

アンダーライブ特徴の1つ目は、参加メンバーがアンダーメンバーのみという事

 

通常のライブだと全員参加ですが、アンダーメンバーだけなので必ずしも推しメンが参加しているとは限りません。

 

ゆ~やん
ただでさえメンバーが多く、モニターに全員が映る保証がありません。そのかわりアンダーライブは、メンバーも少なく、モニターに映る時間や回数も多くなります。推しメンのいるアンダラは、最高です!

 

またメンバーが、シングルが発売される度にメンバー及びセンターが変わります。

 

2018年の12月に武蔵野の森で開催された『アンダーライブ2018-関東シリーズ-』では、22枚目シングル『帰り道は遠回りしたくなる』

 

2019年の5月に横浜アリーナで開催された『Sing out!発売記念アンダーライブ』では、23枚目シングル『Sing out!』の各アンダーメンバーというようにメンバーが変わります。

 

ちなみにアンダーメンバーの活動期間は、シングルが発売されてから次のシングルの間

 

アンダラの開催が発表された時はアンダーメンバーでも、開催日の前に選抜メンバーに選ばれる と、そのメンバーは参加しないということになります。

 

ゆ~やん
私の推しメンもアンダラが発表されると選抜入りしてました。嬉しいような悲しいような…。

 

また、アンダー曲でセンターに選ばれたメンバーが、座長としてMCを務めます。

 

武蔵野森では、北野日奈子さん。横浜アリーナでは、寺田蘭世さんがセンター、座長としてライブを盛り上げていました。

 

 

 

セットリストは、アンダー曲のみ!

 

 

セットリストのほとんどが アンダー曲 となります。(カップリング曲や表題曲もたまにあります。)

 

ゆ~やん
アンダー曲とは、各シングルに収録されているアンダーメンバーの楽曲のこと。最近発売された24枚目シングルでは、『~Do my best~じゃ意味はない』がアンダー曲です。

 

ここで2019年5月に横浜アリーナで開催されたアンダーライブのセットリストを見てみましょう。

 

【『Sing out』発売記念 アンダーライブ @横浜アリーナ

OVERTURE

  1. 滑走路(Sing out!)
  2. その女(僕だけの君)
  3. ブランコ(サヨナラの意味)
  4. シークレットグラフィティー(裸足でSummer)
  5. 春のメロディー(制服のマネキン)
  6. 自惚れビーチ(僕だけの君)
  7. 13日の金曜日(君の名は希望)
  8. Against
  9. 釣り堀
  10. 心のモノローグ
  11. 2度目のキスから
  12. アンダー(逃げ水)
  13. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(何度目の青空か?)
  14. ここにいる理由(夏のFree&Easy)
  15. 嫉妬の権利(今、話したい誰かがいる)
  16. 日常(帰り道は遠回りしたくなる)
  17. 狼に口笛を(おいでシャンプー)
  18. 転がった鐘を鳴らせ!
  19. ハウス!
  20. 扇風機(ガールズルール)
  21. ダンケシェーン
  22. 涙がまだ悲しみだった頃(走れ!Bicycle)
  23. 誰よりそばにいたい(僕だけの君)
  24. 生まれたままで(気づいたら片想い)
  25. ロマンスのスタート
  26. 左胸の勇気(ぐるぐるカーテン)
  27. 泣いたっていいじゃないか?
  28. 乃木坂の詩
  29. 僕だけの光

※()内は、アンダー曲が収録されている表題曲。『僕だけの君』は、アンダー曲のみ収録されているアルバム。

 

 

メンバーの伊藤かりんさんセレクトの曲が何曲かありますが、29曲中17曲がアンダー曲。

 

2018年12月の武蔵野の森総合スポーツで開催された『アンダーライブ2018 関東シリーズ』でも 10曲以上 がアンダー曲でした。

 

ご覧の通りセットリストのほとんどがアンダー曲で、表題曲はあまり披露されません。

 

これがアンダーライブの特徴の1つで『ザ・アンダーライブ』です。

 

 

ゆ~やん
『夏の全国ツアー2019』でも名曲コーナーとして『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』『ここにいる理由』『不等号』が披露されました!

 

スポンサーリンク

 

会場のキャパが小さい

次は、ライブ会場のキャパが小さい事です。

 

バスラ・夏の全国ツアーなどは、約50,000人規模のドームや球場、スタジアムで開催されています。

 

しかし、アンダーライブは当初、キャパが小さい1000~2000人規模(東京・六本木ブルーシアターなど)の会場で開催されていました。

 

2016年から始まった全国ツアーでも、各都道府県の文化センターや市民会館などの約1000~2000人規模の会場で開催。

 

最近では、東京体育館や日本武道館、武蔵野の森総合スポーツセンターや横浜アリーナなどの約10,000~20,000人程度のアリーナ等で行われることが多くなりましたが、それでもドームやスタジアムに比べるとキャパが小さい方。

 

会場が小さいため、スタンドでも楽しめ一体感を感じられるのが特徴ではないでしょうか。

 

ゆ~やん
昔は1000人規模の会場で開催されることが多く、ライブハウスにいるような感覚に。メンバーとファンの一体感が凄かったみたいです。行ってみたかったな~。

 

 

アンダーライブの歴史

ここからは『アンダーライブの歴史』を一覧でまとめてみました。

 

アンダーライブ年表】

 

ゆ~やん
詳しく知りたい方は、リンクを貼っておくのでクリックしてみてください!

 

2014年の8枚目シングル『気づいたら片思い』全国握手会のミニライブ から始まったアンダーライブは、関東だけでなく全国で開催されてきました。

 

最初は、楽天との企画ライブやシングルの購入特典など条件付きのライブ でしたが、3回目のアンダーライブから チケット制 になり、グッズ販売 も開始され今の『アンダラ』の形になりました。

 

2014年の10月からは2nd・3rd・4thとシリーズ化され、メンバーの熱量が凄いと話題になりアンダーライブが注目されました。

 

その中でも3rdシリーズの企画で、『ノンストップパフォーマンス』(19曲をMCを挟まないで披露する)は、伝説と言われています。

 

ゆ~やん
MCを挟まないで19曲も!経験したかったな~。

 

そして日本武道館でアンダーライブシリーズが終わり、初の全国ツアーが始まりました。

 

今までアンダーメンバーとしてアンダラを支えてきた永島聖羅さんの卒業公演を皮切りに全国へ。

 

ゆ~やん
全国ツアーの東北や九州、四国シリーズでは、空席があった会場も。平日開催だど難しいですよね。まだ長野とか山梨でやってないような…。

 

 

2016年に武道館で『Merry Xmas Show 2016』では、選抜とアンダーと全4公演あり、テレビでも生中継されたライブでした。

 

ゆ~やん
Merry Xmas Show 2016』のアンダー単独公演。寺田蘭世さんのスピーチがとても印象に残っています!アンダラは、センターのスピーチも特徴の1つかな。

 

東京体育館で、3日間4公演行われた『全国ツアー2017 ~関東シリーズ 東京公演~』では、最小12名のアンダーメンバーだったこともあり最弱とも言われたこともありました。

 

ゆ~やん
この公演もインフルエンサーやアンコールを除けばすべてアンダー曲!佐々木琴子さんのスピーチが印象に残っています![/voice]

 

休養していた北野日奈子さんの復活ライブとなった『アンダーライブ2018 関東シリーズ』にも参加したのでもしよかった読んでみてください。

 

【乃木坂46】『アンダーライブ2018 ~関東シリーズ~』@東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ セトリ&レポ

2018.12.26

 

ゆ~やん
川後陽菜さん卒業コンサートとなった2日目に参加しました。アンコールの『ハルジオンが咲く頃』は、忘れられません!

 

 

 

ゆ~やん
横浜アリーナ、行きたかった…。

 

 

また2018年に発売されたアンダーアルバム『僕だけの君~Under Super Best~』初回生産限定盤に収録される特典映像には、初めてのアンダーライブから、『アンダーライブ2017 九州シリーズ』まで、名場面がセレクトされたアンダーライブ特選集が収録されています。

 

ゆ~やん
アンダー曲がたくさん収録されているアルバムとなってます!曲とライブの雰囲気を覚えたい人は、ぜひ購入しましょう!もちろん私は購入済みです(笑)。

 

 

 

 

のぎざかまとめ

【乃木坂46】アンダーライブとは?特徴&歴史 教えます!

  • アンダーライブとは、アンダーメンバーによる不定期に開催されるライブ
  • 通称『アンダラ』
  • セットリストは、アンダー曲がほとんど
  • 会場のキャパは小さめ
  • 初めて開催されたアンダーライブは、握手会のミニライブ
  • 全国ツアーも開催された
  • アンダー曲を収録したアルバムがある

この記事を書きながら、「アンダラっていいな」と思いながら、つい行きたくなった私がいます(笑)。

 

アンダラもそうなんですが、個人的に好きな曲が表題曲よりアンダー曲が多いです。

 

アンダー曲って主要なライブでは、あまり披露されないので、そうなると『アンダーライブ』しかないんですよね。

 

卒業後、多方面で活躍している深川麻衣さんや衛藤美彩さん、永島聖羅さんや能條愛未さん。

 

伊藤寧々さんや川後陽菜さん、中元日芽香さんや伊藤万理華さん、斉藤優里さんや伊藤かりんさんもアンダーを経験した人たち。

 

井上小百合さんや堀未央奈さん、北野日奈子さんや星野みなみさん。

 

中田花奈さんや樋口日奈さん、新内眞衣さん、そして今やエースと呼ばれている齋藤飛鳥さんもアンダーを経験しています。

 

ゆ~やん
アナウンサーの市来玲奈さんと斎藤ちはるさんもアンダーメンバーだったんですよ!

 

正直アンダーは、選抜メンバーと比べるとテレビやラジオ、雑誌等のメディア出演もあまりないですし、音楽番組でも誰かの代わりで出ることがほとんど…。

 

しかし、そんな彼女たちが主役になれる『アンダーライブ』。

 

『百聞は一見に如かず』です!

 

 

ゆ~やん
そんなアンダーメンバーが大活躍している『NOGIBINGO』が、【Hulu】では見放題!会員登録も簡単で、いまなら2週間無料トライアル中です!

 

『わずか3分で簡単に!』【Hulu】2週間無料トライアルの申し込み方法をご紹介します!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です